*

夏の夜には扇風機

使いたいと思う時に限ってなかなかどうして近くに無かったりなくしてしまう事があります。ラノベを読むのが好きなので、移動中は本を読んでいるのですが、それできりよく本を閉じようと思ったらシオリが無いんですよ。バッグを手探りで漁ってメモなどを書き込んだりする持ち運び扇風機 販促物を挟んでおきます。もうとにかく焦っていたのでとりあえず挟んだのですが、本から目立つのでそのページを直ぐに探せます。普段目にしているものでも代わりになるものは幾らでもありますね。


コメントする